月別アーカイブ 8月 2017

アトラスニュース 8月号

  遅くなりましたが、アトラス・ニュース8月号をお届けいたします。

今年の夏は日本各地で集中豪雨になりましたが、如何お過ごしでしょうか?
  アトラス・ニュースをご愛読くださいまして、有難うございます。
   ***年末年始・春休みの航空便の予約の注意事項***
 年末年始や春休みの期間は、混み合いますので通常より早くからの
ご予約をお勧めいたします。上記期間の日本人の海外旅行動向に加え、近年は
東南アジア等の海外からの観光客が急増し、日本人旅行客数と同等以上の数に
なってきています。思わぬ日が混んでいて、取り難い、もしくは料金の高い日が
増えていますのでご注意下さい。
アジアからの訪日客
外国人訪日客数は、①ビザ要件の緩和②アベノミクス始動後の円安展開③アジア諸国の
所得水準上昇、などを背景に2012年以降増加傾向が続いている。2016年は過去最高の
2400万人に達した。政府は2020年のオリンピック開催時には4000万人をめざしている。
なお、今年度は韓国からの訪日客が増加。2016年のアジアからの訪日客数は下記の通り。
1位中国637万人・2位韓国509万人・3位台湾417万人・4位香港184万人
5位タイ90万人・6位マレーシア39万人・7位シンガポール36万人・8位フィリピン35万人
9位インドネシア27万人・10位ベトナム23万人・11位インド12万人
アメリカ旅行注意点シリーズ4(連載)(アップル・ワールド提供)
冬休みの海外旅行を迎えるにあたり、アメリカ旅行に関するめぼしい注意点を
書きます。行先をニューヨークとして、今回はホテルに着いた所から始めます。
コンシェルジュは、観光の情報を得たり、レストランの予約をしてもらったりするのに利用。
その際には、2ドル以上のチップを払う。ミュージカルチケットの購入依頼などもしてくれる
ホテルもあるが、かなり割高になることは、覚悟しておくこと。レストラン予約の場合は
ドレスコードを確認しておくこと。カジュアルなら気にしなくてよいが、ビジネスカジュアル
(Tシャツ、サンダルは不可、ジーンズも避けるべき)やビジネスアタイヤ(ジャケット、
スラックス、革靴要)と言われたら、その服装をしていないと、入れてもらえない。
台湾/電子タバコ持ち込み禁止
現在、台湾の税関では入国審査における電子タバコ及び関連製品の国内持ち込み
防止を強化しており、厳格に禁止されています。又、台湾滞在中に禁煙場所で
タバコや電子タバコを吸った場合、最高で1万台湾元(約日本円37000円)の罰金。
日本で流通しているIQOSも電子タバコと判断されて没収も考えられるので注意を。
2018台湾ランタンフェスティバル
来年2018年3月2日(金)~11日(日)の期間、台湾南部の嘉義県にて「台湾ランタン
フェスティバル」(台湾燈會)が開催されます。海外からも多くの人が訪れる人気の
イベントです。この期間に台湾を訪れる方は、是非ご覧下さい。概要は下記の通りです。
【開催期間】2018年3月2日(金)~11日(日)
【場  所】嘉義懸政府懸治特區(メイン会場)・故宮南院・太子大道
期間中は「台湾鉄道 嘉義駅」「台湾新幹線嘉義駅」と上記会場を結ぶシャトルバスが
運行します。なお、期間中は交通規制が敷かれます。
カンボジアで2店舗目のスターバックス、オープン
カンボジアのシェムリアップ空港にて、カンボジアで2店舗目のスターバックス
シェムリアップ店がオープンしました。カンボジア出国の際にお立ち寄り下さい。

ホノルル、道路横断中の歩きスマホ禁止に、違反者は罰金15米ドル以上 

ハワイ州ホノルル市は10月25日から、道路横断中の歩きスマホを禁止する。
ホノルル市長のカーク・コールドウェル氏が自身のFacebookアカウントに投稿したライブ動画と、
ホノルル市の公式サイトで掲載している文書によると、禁止するのは携帯用電子機器を閲覧
しながらの道路横断で、「911」などの緊急連絡や消防士、救命救急士、警察官などによる
任務中の利用は対象外とする。
対象となる携帯用電子機器は、スマートフォンなどの携帯電話やパソコン、ビデオゲーム、
デジタルカメラなどで、オーディオ機器は対象外。違反者には、1回目の場合は15米ドル以上
35米ドル以下、初犯から1年以内で2回目の場合は35米ドル以上75米ドル以下、1年以内で
3回目の場合は75米ドル以上99米ドル以下の罰金を徴収する。